ジャンパー膝(膝蓋腱炎)でお悩みの方へ

「運動をすると膝が痛くなる…」
「病院で治療しているがこれ以上変わらない…」

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

痛み、しびれを改善し、笑顔にあふれる生活へ
寝屋川市でジャンパー膝(膝蓋腱炎)でお困りなら、当院へご相談ください。

このようなジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状でお悩みではありませんか?

  • ジャンプすると膝が痛くなる
  • 走ると膝が痛くなる
  • 膝のお皿の上下が痛くなる
  • 膝のお皿の上下を押すと痛みが出る
  • 太もものストレッチをしているが治らない
  • 何度も繰り返して膝が痛くなる
  • 薬やシップに頼りたくない
  • 整骨院やマッサージ、鍼灸に通っているが改善しない
  • ジャンパー膝(膝蓋腱炎)と診断された
  • 早く競技復帰したい
  • 根本的にジャンパー膝(膝蓋腱炎)を治したい

当院の施術はこのようなジャンパー膝(膝蓋腱炎)症状でお悩みの方にお勧めできる施術です。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)とは?

オーバートレーニングにより生じるため、使い過ぎ症候群ともよばれます。

靭帯や腱が骨に停止するところでは、筋肉のはたらきによるストレスが集中しやすく、組織の小さな損傷が生じます。

選手側の問題としては、筋力不足、筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、からだの柔軟性不足、アライメント不良などが挙げられ、練習や環境の問題としては、オーバートレーニング、選手の体力や技術に合わない練習、不適切な靴、硬すぎたり軟らかすぎる練習場などが挙げられます。

日本整形外科学会HPより

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の一般的な治療

病院での治療
  • 温熱療法や電気治療
  • ストレッチ
  • 運動指導
  • 痛み止めの内服、注射
  • サポーターやテーピング
  • 安静
整骨院や他の整体院
  • 温熱療法や電気治療
  • ストレッチ
  • 筋膜リリース
  • 膝周囲のマッサージ
  • 運動指導
  • サポーターやテーピング

病院や整骨院などで治療を受けているのになかなか良くならない場合、膝周囲のみに着目して痛みを起こしている「本当の原因」に対してアプローチできていない可能性があります。

病院や整骨院と違う当院のジャンパー膝(膝蓋腱炎)へのアプローチとは?

病院では薬の処方や痛み止めの注射、整骨院や鍼灸院では牽引や電気治療、膝周辺をマッサージするのがほとんどです。

マッサージでは、その周囲の交感神経の興奮を誘発して、翌日に痛みが強く出られる方おられ、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状は改善されません。

そして、薬で痛みを抑えることはできますが、症状に対処しただけで薬をやめると痛みが出てきて、根本的な原因の対処をしたことにはなっていません。

当院は、病院や整骨院で治らないジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状にも対応できるように、膝周囲はもちろん全身400ヶ所以上検査を行い、しっかりと体の状態を把握して施術します。

なぜジャンパー膝(膝蓋腱炎)になっているのか?なぜ治らないのか?本当の原因を見つけ出して適切な施術をして行かないと解決しません。

当院では、
病院では治らない…
整骨院やマッサージに通っているが治らない…
方がご来院されています。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)に対する当院の施術

どこが原因で膝周囲に過剰な負担がかかっているのか全身を検査して行き、痛みを引き起こしている根本的な原因を見つけて施術して行きます。

骨盤・股関節・足部のバランスを整える
下肢は骨盤の臼蓋から股関節が始まります。
骨盤のゆがみで股関節が正常に働かなくなり太ももから膝周囲に過剰な負担がかかります。足部の歪みがあると歩行時の着地時に衝撃を上手に下肢全体に伝えることができなくなり、膝から太ももに過剰な負担がかかります。このようなことから、骨盤から下肢全体がスムーズに動くようにバランスを整えます。
大腿骨・脛骨の力線(加重ライン)の調節
例えば大腿骨・脛骨に過重する時、外側にばかりに加重されると外側にかかる重さが上手に吸収されなくなり太ももの外側の組織に余計な負担をかけ腸脛靭帯炎の原因になります。

上記の理由から内側・外側に均等に加重できるように調節します。

下肢の骨の柔軟性の改善
骨自体の柔軟性がなくなると、体重を上手に分散できなくなります。

この状態が続くと周囲の筋肉や靭帯に過剰な負荷がかかり膝の痛みの原因となります。

内臓からくる太もも周囲の関連痛の改善
内臓の動きが悪くなると関連痛として臀部から太もも外側にかけて痛みや筋肉のハリが起こることが多々あります。

内臓の可動性を良くして関連痛が起きないように調節していきます。

膝周囲の動脈と交感神経の緊張と柔軟性の改善
動脈は自律神経(交感神経)と一緒に走行しています。

交感神経が緊張すると動脈が収縮して痛みを起こすようになりますし、逆に動脈が緊張していると交感神経が興奮した状態になり、膝の痛みや柔軟性の低下につながります。

太ももから膝周囲の神経の柔軟性の改善
神経の柔軟性がなくなると痛みや可動域の低下につながります。
運動指導や食事指導

この様に当院では上記以外の部位も全身400か所以上検査を行い、あなたの1番の問題点を見つけ出し、他院に行っても良くならないお悩みを改善するお手伝いをさせていただきます。

※当院の施術について詳しく知りたい方は「当院の施術について」をご覧下さい。

おわりに

あなたがジャンパー膝(膝蓋腱炎)に悩まされて、
「毎日を笑顔で過ごしたい…やりたいことができない…」と思われた場合、当院が力になれるはずです。

施術を通して、あなたの痛みやしびれを解消し、その先にある「あなたのやりたいこと」ができるように私にお手伝いをさせて下さい。

山下 史明

072-397-1029
メールフォームでのご予約・お問い合わせはこちら
LINEでのご予約・お問い合わせはこちら

【京阪本線 香里園駅 徒歩6分】

〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町11-1
Tissハイム香里109

■営業時間…月〜金18:00~21:00/
土曜11:00〜21:00/日曜8:00〜21:00
■定休日…不定休

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP